日本人の9割が知らない遺伝の真実 うろ覚えまとめ

先日のkindle安売りセールで購入。

うろ覚えで内容をまとめます。

日本人の9割が知らない遺伝の真実
読みやすさ
(3.5)
面白さ
(4.0)
衝撃度
(4.0)
知的好奇心の充足
(5.0)
総合評価
(4.0)

才能と性格はだいたい遺伝子で決まってるから家庭教育に肩ひじはらなくていいよ!

遺伝子がどれくらい才能や性格を決めているか


上記は双子を追跡した研究結果なのですが

共有環境=家庭環境

非共有環境=家庭以外の環境≒コントロールしにくい要素

音楽、執筆、数学、スポーツはほぼ遺伝で決まり!

それ以外の才能も共有環境が少ないです。

IQも歳を重ねるにつれてだんだん遺伝の要素が強くなります。

 

頑張れば誰でも一定の成果をだせるわけではない

ビリギャルみたいにめっちゃ頭悪かったやつが勉強しだしたら偏差値40上がってK大に合格!

残酷なことにそんなエピソードはほとんどない

もともと遺伝的な才能があったのにやってなかっただけ

だったら親はどうするの?

子供の才能は遺伝で決まるけれど

なんの才能があるかは子供がやってみないとわからない。

だから自分や配偶者の得意なこと、好きなことから推測してみたり

自分たちが好きな事以外にも子供に色んな体験をさせて才能発掘を心がけよう

日本の学校教育は非効率!

ちょっと話が飛びますが

著者の主張は

子供の才能にばらつきがあるのに年齢で教育をわけるのは非効率すぎる

才能がある科目や早熟な子供はどんどん勉強させたほうがいい

習熟度に差があるのに年齢で分けてるもんだから非効率

全部100点を目指させるなんて正気の沙汰じゃない

どの教科も一律に才能があるやつなんていないのに

国語英語数学社会・・・

全部100点目指して勉強させるなんてありえない!

大体全教科100点取れるやつなんてほとんどいないのに何故させるんだ

学校で社会のことは教えてくれない

科目全部100点目指すなんて非効率なことしてるから

おとなになってから何も覚えてないし

学校で勉強したことが役に立たないんだよ!

社会に出たって仕事のこととか何もわからないじゃん!

本物に会わせる重要性

本物の花火職人、本物の技術者、本物の農家

自分の得意なことや好きなことで仕事をしている人に会って

話を聞いたり実際にやってみてわかることが多い。

学校行くより自分がやりたい仕事をしているプロのところに行ったほうがよほどいいよ!

社会総キッザニア計画

もっと流動的に社会に入って学べるような仕組みが必要。

高校生くらいから好きな会社にインターンに行かせればいいんじゃない?

得意なことがない人はどうするか

人より得意というところがない人でも好きなことはあるはず

何も社会全員と比べなくてもいい

地域などローカルな単位で自分にできることはあるはずだから

好きなことを探そう。

多彩な才能を埋もれさせずに評価できる社会にすることも必要だよ!

 

テツ
以上です。

衝撃半分納得半分

教育に関することはちょっと気持ちが楽になったかな。

私は育児本を結構読みましたが、別に忠実じゃなくてもいいかもと思いました。

教育に関してはこちらの記事もおすすめです

学力の経済学 適当なまとめ

2017.10.03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です