インナーガイド竿の糸の通し方(Riseway IG POWER’S Light)

Risewayのロッド(IG POWER’S Light)のみ通用するやり方かもしれません。

時間さえかければできるようになります。

用意するもの

竿

付属のガイドワイヤー

クリップ的な何か(ガイドワイヤーを取り出すもの)

 

竿の一番下のキャップをはずす

竿の一番先とその一つ前の竿は本体とつながっていないので

取り出す

取り出した竿の下にもキャップがついているので

一旦はずし

一番竿先がちゃんとキャップに

フィットするようにしてからにはめなおす

竿先の下からワイヤーを挿入

 

ワイヤーが先から出てきたら竿本体に竿先セットを戻す。

そのまま竿先をちゃんとセットして一番先からワイヤーをどんどん抜く。

ガイドワイヤーが窓の部分から見えるので

クリップ等で釣り上げる

あとは釣り糸を挟んで引き抜くだけです。

この時1.5号くらいのPEラインなら結んでもなんの支障もなかったです。

通した後は切らないといけませんが。

 

インナーガイド竿の通し方で通常のやり方だと埒が明かなかったのでこの方法を考えました。

普通に窓から盲目的にワイヤーを挿入するやり方は

「時間がかかってもできるかどうかわからない」

それは自分的にはバクチ的なやり方といいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です