ファムシクロビル錠500mgの薬価が圧倒的にお得な件

ファムシクロビル錠の見積もりをもらったら薬価の時点で

圧倒的に500mgがバリュープライスなことに気がついた。

(500mg錠があるのはKNとDSEPのみ)

以下その比較

1錠あたりの薬価比較

 先発薬:ファムビル後発薬:ファムシロクビル
250mg489.9209.7
500mg979.8(250mgを2錠)289.8

そもそも500mgは先発薬にはない規格
ジェネリックは250mg→500mgと用量は2倍になっても
薬価は209円→289円と約1.4倍にしかなってない!

単純疱疹1クール(1回250mgを1日3回 5日分)の薬価比較

先発薬:ファムビル後発薬:ファムシロクビル
250mg7348.53145.5

帯状疱疹1クール(1回500mgを1日3回 7日分)の薬価比較

 先発薬:ファムビル後発薬:ファムシロクビル
250mg20575.88807.4
500mg 6085.8

単純疱疹は500mgの出番がないので
先発薬約7000円に対してジェネリック3145円
帯状疱疹の場合
先発薬の薬価約2万円
に対して
ジェネリック約6000円

これはマジで安い。
包括払いの病棟で使うのに捗ります。

でも入院患者さんが皮膚科受診とかしたらアメナリーフの処方依頼がくるんだろうな・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です