遅すぎた発売 レバミピド「オーツカ」

ムコスタのAG レバミピド錠100mg「オーツカ」が、

2017年6月にひっそり発売された。

うちは基幹病院にあわせてレバミピド「NP」を使っていたけれど、

AGならいいかということでオーツカに切り替え。

レバミピド「NP」の片面プリント刻印から両面プリント刻印になって

鑑査しやすくなった。

いい点といえば

ムコスタは外用薬のように作用する内服薬なので、

普通のジェネリックと同じようにCmaxやAUCでは評価できない。

その点AGは品質が担保されているという点だ。

レバミピド「オーツカ」は見た感じ

ムコスタと全く同じラインで製造された、いわゆるオートジェネリックだろう。

うちの地域ではムコスタが一掃されてから出すという出足の遅さは残念というかかわいそうな感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です