30代 人生楽しい

若いときよりも今のほうが楽しい。

物事に執着しなくなった

~しなければならない (例:彼女にするなら顔がかわいくなければならない)

~するべきだ(例:付き合うんならその時点で本気で好きであるべきだ)

上記のような自分への縛りのような感情がなくなった。

若い時ってなんであんなに変なことに執着してしまうんだろう、不思議。

その他細かいことに悩むことはなくなった。

人からどう見られているか気にしなくなった

自分が何をしたいか、何を好きかに重きを置くようになった。

人からどう思われているかなんてどうでもいいと思えるようになった。

他人と自分は違う。比較する必要はない。

自分の幸せは自分で決めるものだ。

ものの本に載っていた気がするが、

「比べるなら他人ではなく理想の自分と比べよ」というは本当にそう。

時が経つのが早いのはいいことだ

大人から聞いていたとおり、

どんどん体感的な時間は早く過ぎていく。

だからこそ、栽培している植物が成長したり、

子供がぐんぐん成長していくのが嬉しい。

自分が生きているだけですごい漫画、映画、小説等、

ぼんぼん出て来るのが喜び。

時間の価値に気がつくことができた

子供ができて時間がなくなって、

時間の価値に気づく。

時間を金で買うという意味が理解できるようになった。

今は通販とレビューシステムが発達して

商品選びと買い物の時間が随分短縮されていると思う。

中古品の流動性も、ものすごく高くなった。

それだけで昔より時間的にとても豊かになってると思う。

あとは時間が大事ということは整理整頓が大事ということ。

片付けはもちろん、余計なものを持つことのコストがわかるようになった。

結婚して恋愛の悩みゼロ

結婚して子供3人もできたら全く浮気しようとか思わない。

なんといっても学生の時あれほど悩んでいた

「モテない」ことについて悩む必要がないのである。

学生時代モテなすぎて、

「モテなすぎて人生終わった」くらい悲観的だったが

なんかそのまま生きてたら恋愛して結婚した。

恋愛の悩みがないって素晴らしい。

女性が多い職場なので魅力的な異性はいるのだけれど、

「独身だったら好きになってたなー。」で終わり。

彼氏がいても結婚していても

「チキショー!」じゃなくて「あーやっぱり」で終わり。

 

若い時のなんでもないことで大笑いできた感情は失ってしまったけれど

引き換えに得たものは決して少なくないと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です