朝礼スピーチで人を動かせた話

朝礼スピーチは99%の人が聞き流していて頭に入っていない。

よっぽど面白いか、

ためになる話じゃないとスピーチ終了後

数秒で忘れ去られるのがオチ。

以前に自分の思いの丈をこめたスピーチをしたら

意外と社内で反響があった。

そのスピーチ

年功序列の意識を破壊しようと朝礼スピーチでぶっこんだ

2017.09.28

どこに食いついたかというと

「ワイモバイルに変えたほうがよいかどうか」

を3人に聞かれて

2人は既に乗り換えた。

人は普段考えていないことを言われても

即座には理解できない生き物だと私は思っている。

結局

「携帯代が高いから安くしたい」

という思いが頭にあってそのスイッチを私が押したのだろう。

相談を受けた二人は大手キャリアで

携帯代に月12000円とか15000円払っていると聞いて

本気でびっくりした。

どんなプランだと1万を超えるのか私には想像もつかない。

自分はワイモバイルで2400円も超えないくらいである。

(格安simのころは2000円超えなかった)

情弱ビジネスとは恐ろしいものだし

情弱であることも恐ろしいという話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です