ロボット掃除機 AIM-RC03を改造してエネループ化

ロボット掃除機が便利だというので実験したくなって
中古のツカモトエイム AIM-RC03 キティちゃんバージョンを購入。(アマゾンマケプレで5000円くらいだった)

この機種は電池が小さくて電池ボックスが収まらなかった。

結論

電池ボックスは両面テープでくっつけてます
電池ボックスは6個入りを2個のほうがよかった・・・。

参考
2013/10/20 きまぐれ工作室 AIM-RC02のバッテリーを自作しよう
http://kimagurenakobeya.nomaki.jp/diary2/20131020/20131020.html
Web魚拓

どうやって作ったか

マルツオンライン
電池ケース 単3×4本【BH344A】
ナイロンコネクター4mm(3.96mm)ピッチ ライトアングル 2ピン(セット)【ZL3963-2PL】

購入

ハンダごてはダイソーの400円 30w はんだごてを使用

つなげかた


こんな感じでハンダづけ
はんだ付けして絶縁テープ

1本ずつ出ている赤と黒の線の先っぽを剥いでコネクターに差し込む金具とハンダ付け
(最初の参考ページ参照)
これが細かいしずれるしで難しかった。

ハンダ付けしたら根元に絶縁テープを巻いてコネクターに差し込む

赤と黒の線は絶対間違えてはいけないらしいです。

最終的にこんな感じ

電気ドリルで蓋を削ってコードを上に出しました。

快調に動いています。
火災の恐れなどあるので自己責任で。

しかし動かしてみてわかったけど
ロボット掃除機を使うにはロボット掃除機に最適な部屋の状況を作らないといけません。

ロボット掃除機に部屋を合わせれば部屋が片付く!
また、「準備さえすればあとは掃除機が勝手にやってくれる」という意識が働いて
掃除のモチベーションアップが図れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です